ノーベル賞を受賞した成分、EGF

EGFは聞き慣れない名称ですが、近年発見されて研究の結果化粧品に利用できるようになった物質です。
EGFは、人間が本来持っているヒト上皮細胞増殖因子の事です。微生物から生産される物質で、副作用などはありません。人間や哺乳動物の体内に存在していて、細胞膜の受容体と結合して新しい細胞の生産を促すのです。しかしやはり年齢と共に失われていく成分です。

現在でも火傷の治療である皮膚移植や、角膜切開の傷の回復を促進するなどの目的で医療の分野で幅広く使用されています。皮膚が健康な状態に再生されるので、乾燥が進んだ肌にも最適と言えます。
EGFを基礎化粧品の中に添加することによって皮膚の新しい細胞を作り出す事が出来ます。コンドロイチン硫酸やヒアルロン酸と組み合わせると更に効果的です。EGFが配合された化粧品を失敗なく選ぶためには、配合濃度と浸透力をよく見てみます。ただ入っているだけでなく、高濃度で適正な量が含まれていないと十分な効果が発揮されません。

EGF化粧品には、日本EGF協会の認定マークが付いています。b.glenの「10-YBローション」や、セルビックの「セルビックEエッセンス」、EGFスタイルの「EGFエクストラエッセンス」にはどれも付いていて安心です。トライアルセットを取り寄せて使用感を確かめてから購入を検討するのが良いでしょう。


Copyright© 2010 乾燥肌化粧品で肌をモチモチに! All Rights Reserved.