コラーゲンとヒアルロン酸

テレビ等のコマーシャルを観ていると、エイジングケアによくコラーゲンやヒアルロン酸配合の化粧品が効果的だと宣伝しています。
コラーゲンというのは真皮、靭帯、腱、骨、軟骨などの体の全ての要素を構成するタンパク質のひとつで、ヒトでは全タンパク質のほぼ30%も占めるほど大切な成分です。ゼラチンもコラーゲンですが、食べることによる美容効果は期待できません。化粧品原料に使われるのはコラーゲンペプチドといって、コラーゲンを酵素で分解して分子化したものです。高分子のコラーゲンペプチドでは肌に浸透しないので、出来る限り低分子化した物を使用した化粧品が効果的です。

ヒアルロン酸はグリコサミノグリカンというムコ多糖の一種で、化粧品に使われる場合はその蓄水力から保湿成分として添加されます。健康食品やサプリメントとして口から摂取した場合には皮膚の水分量増加と膝関節に効果があると言われています。けれども食品として摂取した場合には効果が出るまでに相当の期間が掛かります。

コラーゲンとヒアルロン酸を配合している化粧品は数ありますが、オススメはオールインワン化粧品で使いやすいキューサイの「コラリッチ」ではないでしょうか。無香料、無着色、無鉱物油、パラベン無添加なので安心です。朝の忙しい時間にも30秒で塗りこむことが出来ます。乾燥がキツイ部位には重ね付けすると良いでしょう。


Copyright© 2010 乾燥肌化粧品で肌をモチモチに! All Rights Reserved.